« シカゴマラソン完走記 その3 | トップページ | シカゴマラソン完走記 その1 »

2001/10/13

シカゴマラソン完走記 その2

Sunday October 7, 2001
シカゴマラソン完走記のつづき

ボストンマラソンでスタートは、ナンバーカードが7000番台で、スタートの合図からスタートラインを通過するのに、なんと5分以上かかってたので、今回は、できるだけ前に並べるように、ゴミ袋を上下に羽織って30分前にスタートラインに並びました。
これまで色々なレースにでてきましたが、ゴミ袋を羽織ってっていうのは初めての経験!実業団にいる時は、どんなレースでも前のほうからスタートできたし、それが当たり前だった。なんの苦労もなくスタートラインに立てた。それを考えると今は、気温一ケタ台の寒い中、30分も前にスタートラインに近いところにならんでいる。あの頃は本当に恵まれた環境にいたんだと、つくづく感じる。

そうしていると、レース5分前に。招待選手が、わたしたちが並んでいるゲートの前にススーっとでてくる。彼らは直前まであたたかいウォームアップルームに待機していのだろう。それぞれ気持ちよさそうに流しをしている。私とHayaは寒くて足踏み。うう~、寒い。
そして、流しをしている元同僚の三人を見つけ声をかける。みんなやる気十分!わたしもその元気を少し分けてもらえた気分。がんばるぞ~!

|

« シカゴマラソン完走記 その3 | トップページ | シカゴマラソン完走記 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57299/6596895

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴマラソン完走記 その2:

« シカゴマラソン完走記 その3 | トップページ | シカゴマラソン完走記 その1 »