« シカゴから帰って | トップページ | シカゴマラソン完走記 その3 »

2001/10/13

シカゴマラソン完走記 その4

Sunday October 7, 2001
シカゴマラソンつづきのつづきのつづき

最後の最後の登り、インターチェンジの坂、そこを登るとすぐ26マイル、目の前にゴールのゲートがみえてきます。「あ~、今、何分~!?」やっと、ゴール近くなってやって、タイムの表示がみえてきました。「え、49分?あ~、50分にならないで~!」。49分35秒、36、37......「ひゃ~!」。必死に腕を動かします。だって、足がぜんぜん動かない、あああああ~、ゴール!

なんとか50分を切り、40分台でゴールできました。
記録は、2:49'48。女子で16位でした。
ゴール後は、35k辺りでフラフラになっていた私を、元気に抜いて行ったフランス人のおばあさんとおしゃべりしました。フ:「あなた大丈夫だった?」ドナ:「ははは。大丈夫よ。それにしてもあなたはとても早かったわね。」フ:「ええ、38分ぐらいでゴールできたわ。」
おおお、わたしもおばあさんの年になってもこれぐらいで走ってたいわ~。と感心してしまいました。

女子の優勝は予想していた通り、ヌデレバが世界記録で優勝。男子もペーサーとよばれるラビット役(レースのペースをつくる役のランナー)が優勝。
日本勢も陸連推薦のランナーの他に、元同僚の3人がみな入賞を果たし、わたしも嬉しい結果となりました。

わたしは、苦しかったもののマラソンの楽しさを再発見して、さらに練習をどう組み立てて行くべきか、そしてこれからも頑張ろうと思えるマラソンでした。

|

« シカゴから帰って | トップページ | シカゴマラソン完走記 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57299/6596893

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴマラソン完走記 その4:

« シカゴから帰って | トップページ | シカゴマラソン完走記 その3 »