« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年2月

2009/02/17

歌舞伎

日曜日、初めて歌舞伎を鑑賞してきました!

大阪松竹座で行われている 『二月花形歌舞伎』です。

090216a

歌舞伎はすごく遠い世界の分かりづらい世界かと思っていたのですが、そんなことありませんでした。
現代風な新歌舞伎もありましたし、もちろん伝統的な舞台もあり、どれも難しい事なしで目で観て楽しめる。
鑑賞中はイヤホンガイド(貸出)もあるので、要所で説明も入りますし、幕間も出演者のインタビューで楽しめます。

そして、今回の『二月花形歌舞伎』は、歌舞伎若手スター7人が中心となっている舞台。出演者の年齢も近い事もあって、親近感をもってみることができました。

公演は、昼の部、夜の部とあって、どちらを観るか迷ったのですが、以前に宮尾登美子訳の「平家物語」や、浅倉卓弥の「君の名残を」を読んでいて、木曾義仲について興味を持っていたことと、最近、前田愛との熱愛で話題の中村勘太郎が武将実盛、初役ということもあって、今回は、義仲出生に関する内容の『実盛物語』のある夜の部を観る事に。

夜の部は、
一:吹雪峠(ふぶきとおげ)
二:実盛物語(さねもりものがたり)
三:蜘蛛絲梓弦(くのもいとあずさのゆみはり)
の三幕

圧巻だったのは、『蜘蛛絲梓弦』。市川亀治郎が6役を早替わりで登場。クモの糸もふんだんに、そしてなによりメンバー7人全員が登場する華やかな舞台は、目も心も奪われました!すばらしい舞、表現力に感動!

また機会があったらぜひ鑑賞したいです。

090216b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

恵方巻

2月3日は節分です。
節分といえば豆まき。
小さい頃の豆まきは玄関先で「鬼は〜外!福は〜内!」ってやっていました。八戸の実家では落花生を蒔いてましたね。(たぶん後片付けがら楽だからだと思うのですが)
大人になってからは大豆を年の数(またはそれ以上)食べてました。

ひと昔前ぐらいから、恵方巻きという言葉を耳にするようになって、関東でも売ってましたが、関西の売れ行きはすごいなと。
数年前、梅田阪神百貨店に目的の恵方巻きが売ってるという事でいったことがありましたが、昼にはもう売り切れてお目にかかれずでした。

今日、近所のスーパーに買い物にいったときも、恵方巻きコーナーは我も我もとすごい人だかり。
夫婦で来ていた人の話が聞こえて「何本買う?」「お兄ちゃん(たぶん息子さんの事だと思う)はいらないっていってたよぉ。」
っって、何本買う気なんだ!!!

確かに太巻きといえども色んな種類がならんでいて、大きさも食べきりサイズから、こんなの食べきれるのか?っていう太さのものまで。

スーパーによっては、太巻きに使用している海苔は「京都清水寺祈祷海苔使用」とか「地元の氏神さま祈祷海苔使用」とか、宣伝文句も半端じゃない。

海苔の太巻きだけに収まらず、コロンの長ーいものや、ロールケーキの長細ーいものも売ってたり便乗商品も続々です。

関西発祥の恵方巻きのまるかぶり。今年の恵方は「東北東」

恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶり。
とはいえ、ドナルドはドナルドなりの節分の過ごし方になると思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »