文化・芸術

2009/02/17

歌舞伎

日曜日、初めて歌舞伎を鑑賞してきました!

大阪松竹座で行われている 『二月花形歌舞伎』です。

090216a

歌舞伎はすごく遠い世界の分かりづらい世界かと思っていたのですが、そんなことありませんでした。
現代風な新歌舞伎もありましたし、もちろん伝統的な舞台もあり、どれも難しい事なしで目で観て楽しめる。
鑑賞中はイヤホンガイド(貸出)もあるので、要所で説明も入りますし、幕間も出演者のインタビューで楽しめます。

そして、今回の『二月花形歌舞伎』は、歌舞伎若手スター7人が中心となっている舞台。出演者の年齢も近い事もあって、親近感をもってみることができました。

公演は、昼の部、夜の部とあって、どちらを観るか迷ったのですが、以前に宮尾登美子訳の「平家物語」や、浅倉卓弥の「君の名残を」を読んでいて、木曾義仲について興味を持っていたことと、最近、前田愛との熱愛で話題の中村勘太郎が武将実盛、初役ということもあって、今回は、義仲出生に関する内容の『実盛物語』のある夜の部を観る事に。

夜の部は、
一:吹雪峠(ふぶきとおげ)
二:実盛物語(さねもりものがたり)
三:蜘蛛絲梓弦(くのもいとあずさのゆみはり)
の三幕

圧巻だったのは、『蜘蛛絲梓弦』。市川亀治郎が6役を早替わりで登場。クモの糸もふんだんに、そしてなによりメンバー7人全員が登場する華やかな舞台は、目も心も奪われました!すばらしい舞、表現力に感動!

また機会があったらぜひ鑑賞したいです。

090216b

| | コメント (0) | トラックバック (0)